足袋人の柳

アクセスカウンタ

zoom RSS ふらふらソウル2

<<   作成日時 : 2006/05/14 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


眼鏡を受取った後、ソウル最大の市場東大門市場へ。
すげ〜人、大陸並みだぜッ。的確に申しますと、
一方通行、長さ50m、車が一台通れるかなってスペースに、60人程。
上向かないと息できない、しかもその両側に露天があるため
いきなり止まったり動いたり、後ろからピピッって警報鳴らして
バイクが迫ってくるも、みんな動けぬ。ばいく強引にタイヤでこじ開ける。
俺も危うく脚を持っていかれる所でした。←無事蹴飛ばしてやりました。

人ごみを抜けて、一本裏の道から市場を見学。
はい、ここから1kmは衣類、
はい、ここから1kmは家電、
はい、この裏の道からは露天と生鮮食品ね〜と言った具合に、
何丁目は何々、何丁目は何々と綺麗に区画されてる…。
でもその距離が半端ないから、欲しい物を探して彷徨い、
気がつくともう夕方の5時を廻っていました…おみやげで終わっちまう!

とりあえず韓国のりと、チョコにひまわりの種が入ったお菓子をゲット。
頼まれていたものだから、何よりも先に探しました。
ここでも名刺をもらい、もう嘘ついてやれとバイヤーだと言うと、
危ない橋の名刺もいっぱいもらいました(^-^;)。
↑良く読んでみると、こんな文が。
「安全でリーズナブルな輸出入代行」…って密輸
関税入りませんとか書いてあるし(笑)。そう言えば入国のとき質問された、
「誰かに頼まれて、もしくは頼んで韓国内に持ち込んだ荷物はありますか?」って。
何でこんな事旅人の俺にイミグレの姉ちゃんが聞くんだよと思ったけど、
そういう事か、俺お仲間だと思われた訳かッ!!畜生どいつも、こいつも(-_-♯)。

宿に荷物だけでも置いて、再挑戦と思って戻ったのに…不覚にも爆睡。
目が覚めると時既に9時、ふっ、夜はまだまだこれからだぜッ!!
シャワーを浴び、ジャケットを着て朝まで飲めるバーがあると言う梨山門へ。
位置的には南山公園の今日登った反対側。地下鉄に乗って到着。
ガイドブックに載ってる所でも良いかなと言ってみると、両方ないじゃん
一軒はつぶれていました、一軒は移転してました(汗)。
場所聞き出すの疲れたね。Barって雰囲気で選ぶものだけど、
異国の地でその雰囲気を探し出すのって難しい…。
結局ふらふらと入った店で、それほど楽しめる事無く一人で乾杯ってな事になる。

俺が入った店はKing CLUBってナイトクラブ。
中はユーロビートやレゲェが流れ、高校生くらいの男女が
タバコを吸い、酒を飲み、そこに駐在してる米兵が乱れこむ(ここでは主に黒人)。
黒人の二人組みの間のカウンター席が空いていたので、
そこに座りジントニックを頼む。彼らがいきなりハイタッチしてきた。
一人はそのまま踊りに行って、一人は俺をじっと見てる。
ヤベェ、来ちまった(汗)。この目線で分かるんだよ、お前アブノーマルだろ。

目で俺は違うよと合図すると、なんだ一人だから見たいな事言われた。
一人だから女の子を探しにくるならともかく、
一人だから男の子を探しには着ませんよ、しかもあなたみたいなムキムキ(笑)。
さほどしない内に、カッコ可愛い高校生くらいの男の子が俺たちの所に来て、
俺を見る。そしてすぐ違うと気づき、黒人の方へ。英語だから分かって怖かった。

若者「ねぇ、今日パートナー決まってるの?」
黒人「いや、決まってないよ。でも俺の好みはもっと強いタイプなんだ。」
若者「そんな事言わないでさ、僕だって試してみなきゃ分からないジャン。」
黒人「いや、今日は良いから(で、こっちを見るな!)」
若者「ねぇ(手が黒人の体に絡みつき、しだいに密着していく・汗)。」
黒人「わ、分かった。行こう(二人の手ががっちり絡む)」

怖かった、いろんな意味で(笑)。
多分若者の方はこういった形で援助交際してるんだろう。
でもその気も絶対ある、目で誘いやがったし。

可愛い女の子がいて、目があったりウインクされたりしたんだけど、
その子が明らかに若いのにタバコ吸ってた(-_-)。何度か声かけようと
思ったんだけど、その仕草がどうにも引っかかって言えなかった。
その子の連れはバリバリこの環境になれていて、良い男を物色。
俺が気に入った子はどっちかと言うとこの空間になれてなくて、
何すれば良いか分からないから酒かタバコみたいな感じ。

ビールで乾杯してる子達をみると、
バーじゃねぇと更に一人で酔いしれたくなった。
カウンターで5杯くらい「Same,please.」と繰り返したろうか?
いっこうに過ぎない時間、けど始発まで3時間近くもある。
歩くかッ!と席を立ち、クラブのドアを開けるや否や…!

なんと人が吹っ飛んできたッ!
避けた事により、その人はそのままぶっ倒れた。
で、入ってきたのがポリスとMP!何々?映画のワンシーン?
後ろから真面目そうだけどプッツンしちゃったお兄さんが、
吹っ飛んだ若者に飛び掛ろうとしている。ポリが片手で制す、カッコイイ。
若者一瞬の隙を見てポリから警防を奪い殴りかかるッ!
巻き添えくらいそうになったから足かけてみる、転んじゃった。
ポリが羽交い絞めにする、何か罵声が飛び交ってる。
面倒になる前に出ようと思って扉開けたら、外が凄いことになってる(T-T)。
乱闘ならぬ、抗争に近い輪が出来上がりつつありました。

やべ〜面倒なことになった。抜け出そうとするとMPに引っ張られる。
「I'm Japanese.What's happen?」と怒鳴ったら、手を離し謝られ、事の説明。
どうやら、地元の不良グループの男の子(吹っ飛ばされたイケメン)が、
ふざけついでにカップルをなじっちゃったらしいのです。自分はともかく、
彼女を侮辱されたと怒り心頭のエリートさん。普段真面目なだけに
怒ったら怖かったみたいな。で、以外にもふっ飛ばしちゃったんだね。
だからもう引っ込みがつかなくなって不良番町君大暴れ。
仲間連れてくるわ、バイク持ってくるわみたいな。

そしたらお祭り好きの周りの人も集まって乱闘発生。
警察とMP総出で鎮圧してたらしい…まったく気がつかなかった。
早く帰ったほうが良いと言われたので、帰る…歩いて(T-T)。

夜道は寒かった、しかも俺の泊まってるのソウル北部だし。
ここからだと軽く10kmはある上、また最大の難所南山が聳えてる。
地図を見ながらトボトボと歩き始め、およそ2時間半。
空が明け、露天の方々が撤去を始めるころ、ようやく宿に着きました。
疲れた…。コンビニでカップ麺を買い、部屋に戻り、しばし就寝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国の地下鉄で
ソウルの地下鉄に乗っていて、隣に座っていた初老の紳士に日本語で声をかけられたことがあります。 ...続きを見る
海外旅行情報と秘密の旅行写真
2007/05/22 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふらふらソウル2 足袋人の柳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる